嘉悦大学学生blog

嘉悦大学の学生が日常やイベントの取組みを発信していきます!

カテゴリ: HRC

【法政大学市ヶ谷キャンパス】関東圏学生FD ミーティングに参加してきました!

 

 

こんにちは!

 

HRCリーダーズの甲田です!

初めて学生ブログを書きますが、よろしくお願いします(*^^*)

初めてなので温かい目で見てくださいね(*´ω`*)

今日から新学期です。緊張とワクワクを感じながらブログを書いています(>_<)

 

今回は311日に法政大学で行われた、

関東圏学生FDミーティング

の活動内容を伝えたいと思います!


IMG_4221











学生FDとは以前の記事でも何度か説明はしていると思いますが、

学生FDサミットとは

「教職員の意見だけでなく、学生の視点を取り入れて学校をよくしていこう!」

という活動のことです!

今回は関東圏の学生FD活動を行っている学生で教職員の方が20名程度集まり

ミーティングを行ってきました!!

次の記事で書きますが、32122日に島根県立大学で行われる学生FDサミットにも参加してきました!

 

今回の関東圏学生FDミーティングは、

「島根県立大学で行われる学生FDサミットに参加できないけど、他大学と交流をしたい!」
「学生FDサミット初参加で、交流の練習をしたいと考えている!」

などの理由で参加している大学と一緒にミーティングを行ってきました!

 

嘉悦大学からは、3年生1

        2年生1

         1年生2人   の計4名で参加してきました(*^^*)


IMG_4299













このミーティングでは、4つのお題についてしゃべり場形式(グループワーク)で話し合いを行いました!

 

 

    学生FDを通して自分がやりたい事

    学生FD活動をするうえで必要なこと

    自分が学生FDを通して身に着けたい事

    学生FD5年後の目指す姿

 

 

についてしゃべり場で話し合いを行いました(‘ω’)

この4つの話し合いの中で、私がとても印象に残った話し合いがありましたので
1つ紹介させていただきます!!

 

 

 

②の「学生FD活動をするうえで必要なこと」という話し合いをしている中で、同じグループ全員がコミュニケーション能力が必要という結論になりました。これはどこのグループでも出ていたようなのですが、これに対して同じグループにいた、法政大学の学生の一人が、

 

 

「コミュニケーション能力を身に着けただけじゃだめで、その能力を発揮して何かを成し遂げていく、その成し遂げる方が大事で、コミュニケーション能力は手段だから、これ(コミュニケーション能力)を使って何をしたいのかが大事である」と話しているのが印象的でした。

 

 

これは当然のことを話しているようにも感じましたが、私はコミュニケーション能力は手段ということを忘れていて、その能力を身に着けるということはとても大切だと考えていました。しかし1番大事なのは、コミュニケーション能力を通して結果何を成し遂げたのか?ということに

気づかされた話し合いになり、とても有意義な時間になりました! ( ..)φメモメモ

IMG_4300










次回のHRCリーダーズの記事では、島根県立大学で行われた


学生FDサミット2019春に参加したので

このことについて報告したいと思います次回もぜひご覧ください!

こんにちは!

HRCリーダーズの佐久間です(^_^)

寒さも日を追って厳しくなり、冬がやってきてしまいましたね。。

秋学期がスタートしてから学業はもちろんですが、
夏頃からひっそりと始めていたインターンシップがばたばたしていて
私は久しぶりのブログになってしまいました(´-`).。oO

今回は8/28,29に京都光華女子大学さんにて行われた
「学生FDサミット2018夏」について記事を書きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

図0図1


横浜商科大学さんとの交流会の記事に詳しい説明を載せていますので割愛しますが、
学生FDサミットとは
「教職員の意見だけでなく、学生の視点を取り入れて学校をよりよくしていこう!」というものです!

今回のFDサミットは
参加大学 47校(1つは主催校)
参加校 311名(スタッフ28名)
情報交換会参加者 298名
(スタッフ28名)
と全国から沢山の学生、教職員の方々が一同に会しました!

嘉悦大学からは、4年生 2名、3年生 2名、2年生 1名、教員 1名
に加えて、新しく1年生 5名が参加してくださり、
合計 11名での参加となりました!


そして今回の学生FDサミットでは、
分科会(各大学の取り組みをプレゼンする会)に 4校の大学が登壇したのですが、
我々、嘉悦大学も有難い機会をいただき、発表させていただきましたヾ(*'ω'*)ノ

嘉悦大学はHRC(Human Resource Center)等の学内にある
学生アルバイトや大学改善等の取り組みに携わる組織の説明の後、
コミュニケーション不足が原因の「学生が作る壁」「学生と教員の壁」「学生と職員の壁」について
問題点の把握と解決策について私がプレゼン、進行を務め、4年生の先輩学生と教員の方にも登壇していただき、
トークショー形式で発表を行いました!


18-10-09-01-04

嘉悦大学の学生の前で授業などでプレゼンする機会はよくあるけれど、
他大学の学生や教職員の方々の前でお話することは始めての経験であり、
中々ない機会なのでとても緊張しました。。

しかし、自大学のことをプレゼンさせていただくことで自信にも繋がり、
質疑応答の時間では他大学の方々のご意見もいただけて、
非常に良い経験になりました!

大学に戻ってからは、10/4に参加したメンバーと教職員の方々で活動報告会を行い、
学生FDサミットの参加目的や今回の経験で感じたこと、今後の目標などを発表しました!

18-10-09-01-07

参加学生からは
「もっと学生×職員の交流ができるとよい」
「他大学で行っている取り組みを嘉悦大学でも行ってみたい」
「ファシリテーターを務めて大変だった」
「学生FDサミットの時間外でも大学の取り組みについて話すことが多く、有意義な時間を過ごせた」
「今回は勉強のために参加したが、2年生になったら本格的に活動に参加したい」
など様々な感想があり、各々が有意義な2日間を過ごせたのだなあと感じました。

私個人としては、今回3度目の学生FDサミットの参加でしたが、
リーダーということで準備段階から終わるまで
しっかりまとめていけるか不安でしたが、
初参加の1年生がこんなにたくさん学生FDに興味を持ってくれたこと、
参加学生全員が意味のある学生FDサミットになったこと、
自分自身も全体も成長できたことがとても嬉しかったです( T_T)\(^-^ )

各々が持ち帰ったことを踏まえて、より良い大学作りをしたいと思っております!

次回のHRC リーダーズの記事では
学生FDサミットに初めて参加した1年生たちに
感想や今後に向けてのインタビューを行ったので
その投稿をしたいと思います!

それでは、また次回お会いしましょう(=゚ω゚)ノ

18-10-09-01-06

18-10-09-01-03

こんにちは!

HRCリーダーズの佐久間です(^_^)

5/30(水)に嘉悦大学のHRCの教員、職員、学生で定期的に実施している
教職学ミーティングの第一回目を行いました!

IMG_0325

この教職学ミーティングでは、各リーダーの学生が、
期間中にどんな活動を行ったか、今後はどんな活動をするかを報告し合っています。

また、他の組織の学生や教職員から意見をもらい、
自分たちの活動に活かせるよう、情報を共有する場となっています!


学生構成員として、

学内組織のHRCがどのように運営しているか把握し、下記の及び組織の手助けをしたり、
他大学との交流をしたりする
リーダーズ

SA(スチューデントアシスタント)の募集及び管理を行うSA/TAワーキンググループ

学生から、パソコンについての相談を受けたり、トラブルの対応をするヘルプデスク

図書館で貸し出し、返却業務や館内整備、学生が考えた展示企画などを行うLiss

教室内のAV機器の点検や、授業時の出席カードデータ入力等を請け負っているCAT

定期的に実施しているオープンキャンパスで体験授業、模擬授業やキャンパス内施設を見学するツアーなど、受験生や保護者に一番近い存在となって嘉悦の魅力を伝えるオープンキャンパススタッフ

IMG_0338

私もリーダーズのリーダーとして参加して、

3月に参加した学生FDサミットの報告や、今リーダーズとして行っている学内環境の改善についてお話しました!

私自身、普段他の部署が行っている活動はぼんやりとしかわからない活動もあったので、
この教職学ミーティングを行うことで、
他の組織の活動も明確にわかることが出来ました!
さらに、教職員の方から意見をもらうことで、新たな発見があったりするので、
情報共有をすることは、とても意味のあるものだなあと思いました(´-`).。oO

次回は7月に行うので各部署にどんな動きがあるか楽しみです!

私も頑張りたいと思います(^_^)


こんにちは!
HRC leadersの小島です。

なんやかんやブログを書くのは初めてですが、実はそこそこ活動しています。

そんな訳で・・・タイトルにもある通り、
学生FDサミット2018春に参加してきました! 

    キャプチャ 1521007085058
横浜商科大学さんとの交流会の記事に詳しい説明を載せていますので割愛しますが、
学生FDサミットとは、(ざっくり言うと)
「教職員の意見だけでなく、学生の視点を取り入れて学校をよりよくしていこう!」 と、いうものです。

今回は法政大学の市ヶ谷キャンパスで行われ、大変多くの大学が参加しました!

他大学では多くても4,5人程度でしたが、嘉悦大学からは13名が参加し、多くの学生と交流を深めることができました。


今回のFDサミットは2日間にかけて行われたのですが、
1日目の目玉はポスターセッションで、各大学のPRを題材に、嘉悦大学の活動を目一杯アピールしてきました!

    1521008639515

その甲斐もあって・・・なんと大学のポスターが佳作に入賞!

    キャプチャ2 キャプチャ3

立派な賞状もいただきました!
横浜商科大学さんとの交流会で事前に練習していたのが役立ちましたね!


2日目は大学単位の活動ではなく、各人が別のグループでグループワークを行ってきました!

お題は「1日目で収集した情報を生かして、新しい企画を提案してみよう!」と、
「課外活動を通して今後に期待すること(学生、職員、教員それぞれの視点から)」でした。

なかなか自由度の高いお題だったので、それぞれ個性的な仕上がりになりました!
写真は一部ですが、なかなかインパクトがありますね。

1521010324895 1521010388001 1521010339114

もちろん、各人ともお題をこなすだけでなく、名刺交換をしたり、親睦を深めたり、
他大学の活動情報を持って帰って来たりと、大収穫の2日目になりました!


私個人の感想ではありますが・・・
今回の学生FDサミットでは、前回に(5人)比べ参加人数が大変多かったので、持ち帰った情報もより濃いものとなったと思います。

また、嘉悦大学では、学生アルバイト組織が発達し、歴史が深いことから、企画内容がマンネリになりがちというある種贅沢な悩みがあると思います。
ですので、今回仕入れた情報を生かして、新たにフレッシュな企画を実現していけたらと思います!

1521012650706



こんにちは!

リーダーズの高橋右近です。

2018年2月23日(金) に嘉悦大学にて横浜商科大学との交流会及びHRC全体会を行いました!
横浜商科大学との交流会では、3月8(木),9日(金) に法政大学市ヶ谷キャンパスにおいて、学生FDサミットを開催しますが、交流会ではサミットで発表するポスターについて4グループに分かれ意見交換し、その後発表しました。 

そもそも、学生FDサミットとは??
まずFDサミットについて!
8月に開催した勉強会で下記の様に学びました。

  FD  = Faculty  Developmentの略称です。

意味としてFaculty(学部の)教授や(大学の)全教職員です。
Development = 発達や発展、進展や進歩です。
サミット(Summit)  = 主要や代表です。

このことから、

Faculty  Developmentサミット = 各大学の主要な教職員が大学の発展もしくは進歩などを話し会う会議」です。

このFDに学生の目線を取り入れたものが「学生FD」です。

 
この度、学生FDサミットが3月に開催されます。
「全国の大学から学生・教員・職員を一堂に集め、各大学の成果や活動を発表し合い、大学教育における発展や課題など共有し、議論する場」です。
毎年、1~2回おこなわれており、現在100大学以上が参加している大イベントで、本学は約2010年から参加しています。 

 

「横浜商科大学との交流会」では、 他大学の取り組みを知ることがきたのが新鮮でした。

その中でも、横浜商科大学での学生FD活動歴はまだ浅いながらも、初めて学生が発案をした、「しゃべり場」という「学生が大学の取り組みや、大学に対して思うことを気軽に話せる場を提供しよう」というイベントを行った事を聞くことができたことが印象的でした。

今回交流会を通し学んだこととして、横浜商科大学とは対照的に嘉悦大学の学生FDの歴史は10年以上もあることで、マンネリン化が起きていると感じました。
交流会を通して、横浜商科大学から良い刺激を受けることが出来、嘉悦大学でも、学生が新しい活動や取り組みを提案したいと思えることができたので、今回の交流会はやってよかったと思いました。 

 20180223_1
 

横浜商科大学との交流会を実施した後は、「HRC全体会」を開催しました。

次にHRC全体会とは??

まずHRCについて!

HRC=ヒューマン・リソース・センターの略称です。

HRCとは嘉悦大学独自の組織で、嘉悦の取り組みの1つの大きな柱でもある「働ける大学」をとりまとめている相称です。

組織には、職員、教員、学生が連携して大学の「HRC」を運営しています 。

この「HRC」には、以下の組織のがあり、学生が登録し学内でアルバイトをしています。

 「Leaders」学生組織HRCがどのように運営しているか把握し、下記の及び組織の手助けをしています
。また、このブログの取組みの様に「HRC」の活動を学外に発信しています。 

  「SA/TA Working Group」SA = スチューデントアシスタントの略です。講義中、教員だけでは学生の理解度を把握しにくいため、過去単位を取得済みの学生が教員とともに講義内のサポートをする制度です。このSAの募集及び管理を行います。

  「ヘルプデスク」学生から、パソコンについての相談を受けたり、トラブルの対応をする組織です。嘉悦大学では入学の際には、パソコンを用意しなくてはなりません。知識の高い学生が、トラブルがおきた時の対応、教職員にパソコンや周辺機器の貸出をします。

  「Liss」図書館で貸し出し、返却業務や館内整備、学生が考えた展示企画などを行います。

  「CAT」学内の事務を行います。主に、各講義の出席カードの管理や備品の補充、各期教室のエアコンの温度設定を操作することで節電に貢献しています。

オープンキャンパススタッフ」定期的に実施しているオープンキャンパスや体験授業、模擬授業やキャンパス内施設を見学するツアーなどスタッフです。受験生に嘉悦大学を理解してもらい、関心を高めてもらうための組織で多くの学生が登録しています。登録した学生は、過去、受験の際に自分たちも同じように在校生が関わってくれたことで、自分も協力したいと思ってくれており、人気のある組織の一つです。 

 

HRC全体会」では、各組織に所属している学生のリーダーが集まり、各組織の年間で行った業務報告を行いました。

組織毎では毎年反省会を実施しておりましたが、今回初めて「HRC全体会」を行うことができ、他組織の活動状況を知ることができたことは新鮮でした。ただ、長く活動している事で、業務の見直しという事の発想が欠けていたことを実感しました。今後は、他の組織との連携や、新しい提案や発想が活性化につながることが確認できましたので、より一層「HRC」組織を盛り上げていき、大学の発展に貢献できる事を誇りに思いながら活動していきたいと思います。 

20180223_4

↑このページのトップヘ